thumbnail

【レポート】日本におけるコト消費の伸び代は?

観光庁が定期的に発表する重要なインバウンドマーケティングデータ、訪日外国人消費動向調査。これの2017年通年版について、「コト消費市場」という観点から分析します。

 

—————————————————————————————————————————–

■2017年消費動向調査のポイント

①訪日外国人の増加とともに消費金額も堅調に増加。2017年は旅行消費額が4兆円を突破。

②「コト消費」を含む娯楽サービスは、1,439億円の市場を形成。

③娯楽サービスに対する消費金額は、4年前と比較して4倍に成長。

—————————————————————————————————————————–

 

訪日観光客の「コト消費」額が増加してきているものの、世界観光消費額ランキング3位(2016)の観光立国タイに比べればまだまだその割合は大きくありません。

 

タイではコト消費に該当する「娯楽サービス」が旅行消費額全体の2割弱も占めており、娯楽サービスの割合がまだ3.3 %の日本に比べて、体験を重視する観光客が多くタイを訪れています。

 

タイの現地ホテルにはコンシェルジュがおり、彼らに何かアクテビティをしてみたい旨を相談すると、様々な体験メニューが収録されたカタログを渡されます。あれこれWEBサイトを探す手間がなく、ふらっと声をかけることができる気軽さが、利用率をアップさせている要因のようです。

日本では宿泊と体験予約についてタイほど統合されていないため、対面で要望をヒアリングし提示する機能を持ち合わせたホテルやゲストハウスを整備していくことが、今後の体験プログラムの販路拡大に貢献するのではないでしょうか。

 

続きはこちら↓↓

http://success.attractive-j.com/jnto-201709-repo/

Attractive JAPAN サクセスページより