【インバウンド ミニコラム】日本を「人口が減らない社会」に変えていくには?

周辺の新興国で人口が増え続ける一方、日本の人口は減っている。これは誰もが知っている事実だ。

だが「 どれくらい減っているか」知っていますか?

この5年間で全国の人口は、ほぼ100万人減っている。減少がさらに加速する向こう10年間では約700万人減ることになるのだ。四国4県 の人口が約380万人であるから、10 年後には四国がほぼ2つなくなっている計算だ。

日本の人口減少は、これからますます加速する。それは避けようのない未来だ。かように縮小していく日本を、欧米先進各国のように、それでも「人口が減らない社会」に変えていくには、インバウンドという無限のマーケットを獲得していく以外に道はない。

そのためには、世界に開かれた観光立国、いや観光大国を実現していくしかないのである。

 

写真は先日訪れた滋賀県にて。