【報告レポート】「観光立国フォーラムin Tokyo」開催いたしました!

先日11月29日、「観光立国フォーラムin Tokyo」を開催いたしました!

今回は、~2020を越えて勝ち残るためのインバウンド戦略とは~をテーマに、観光庁、スポーツ庁、文化庁のトップのお三方を始め、各分野で活躍する方々をゲストにお呼びし、持続可能な日本を作るために今、何をすべきかを議論しました。

この日の様子は、航空新聞社に取り上げていただきました。

http://www.jwing.net/news/7618

 

<スポーツ庁 鈴木 大地 長官>

<観光庁 田端 浩 長官>

 

日本インバウンド連合会 中村好明 理事長も、周りと手を取り合ってインバウンドの受け入れ態勢を整えていくことが大切というお話をさせていただきました。

最後はパネルディスカッションも行われ、観光庁外客受入担当参事官の田口様からは、災害時の訪日外客への対応について政府の取り組みと展望、ラグビーワールドカップ2019組織委員会JRFU連携・レガシー局局長の牧野様からはラグビーW杯の魅力や市民も巻き込んだ誘致・受入戦略、ワールド・ビジネス・アソシエイツチーフコンサルタント丸山様からは、米国におけるDMO幹部向け資格用研修「CDME」の研修内容について、米国のDMOの様々な先進的な取り組み事例等についてご紹介いただき、熱い議論が繰り広げられました。

パネリスト(左から)

<田口 芳郎 氏 (観光庁参事官 外客受け入れ担当)>

<牧野 美則 氏 (公益財団法人 ラグビーワールドカップ2019組織委員会 JRFU連携・レガシー局 局長)>

<丸山 芳子 氏 (株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ チーフコンサルタント)>

 

会場にはおよそ200人の方にご参加いただき、会は盛況の内に幕を閉じました!ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 

11月30日のインバウンド実践報告会については、追って、報告レポートを投稿いたします。