【LDMカレッジ講座⑥「世界水準のDMOとは」収録しました!】

今年9月に開講しましたLDMカレッジの講座⑥「世界水準のDMOとは」の収録を行いました!

今回のゲスト講師には、近畿大学経営学部教授で、観光庁の「世界水準のDMOの在り方に関する検討会」委員を務める、

まさにDMO研究の第一人者である高橋一夫先生をお招きしました!

DMOの自主財源確保に加え、地域を儲けさせるためのDMOの在り方と役割とは何か、

また、DMO職員の「帰属意識」の重要性と、帰属意識を醸成するための人事評価やプロパー職員の運営の在り方等、

世界のDMOと日本版DMOを比較しながら、成功するDMO組織構造の主要5原則として整理、分析いただきました!

そして、実際に観光行政の現場が抱える数々の「ジレンマ」についてもお話しをいただきました。

ここはもっともっと聞きたかったですが、時間がなく、別の番組でお招きしてお話しいただこうと思います!

講座⑥は、2月上旬に公開させていただきますので、受講者の皆様、楽しみにしていてください!!

「LDMカレッジ」にご興味ある方は、こちらのウェブサイトをご参照下さいませ!

https://jif.or.jp/2019/11/26/6974/