thumbnail

本日、JIF会員向けのB to Bウェブサイトがオープンしました。

観光立国と地方創生の実現に向けて、民官連携の全国組織「日本インバウンド連合会(Japan Inbound Federation :JIF)」が2017年4月に始動します。

この度、私たちは、民主導のもと、民官連携による観光立国・地方創生の実現に向けて、インバウンドの全国的な連携組織「一般社団法人日本インバウンド連合会(Japan Inbound Federation[略称:JIF])」を創設し、2017年4月1日からその活動をスタートいたします。JIFの始動を控え、本日、JIF会員向けのB to Bウェブサイトをオープンいたしました。5月19日にはB to Cウェブサイトの開設を予定しております。

1.一般社団法人日本インバウンド連合会(JIF)の概要

①発足日:
2017年4月1日

②理事長:
中村 好明 (日本インバウンド連合会設立準備委員会(JIFOC)委員長)※2017年4月就任予定

③理事:
喜地弘志(株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス取締役副社長)
道越万由子(株式会社BEYOND代表取締役)
吉田博詞(株式会社地域ブランディング研究所代表取締役)

④監事:
上山康博(株式会社百戦錬磨代表取締役社長)

⑤顧問:
久保成人(日本観光振興協会理事長(前観光庁長官))、
皆川芳嗣(農林中金総研理事長(元農林水産省事務次官))、
岡崎浩巳(地方公務員共済組合連合会理事長(元総務省事務次官))

⑥主要参画会員:
(株)百戦錬磨
(株)ワイヤ・アンド・ワイヤレス
(株)BEYOND
(株)地域ブランディング研究所
(株)ジャパンインバウンドソリューションズ、
WILLER EXPRESS JAPAN(株)
フォネットグループ
(株)WAKON、
(一社)内外情勢調査会
産経新聞社
時事通信社

[順不同]

2.JIFの理念

民主導による民官、民公一体となった観光立国の実現に向けた全国的な連携組織として、中央と全国の道州レベル(10ブロック)、47都道府県、1718市町村におけるインバウンド振興を有機的に繋げることへのコミットを通じて、観光立国と地方創生の実現に寄与し、「持続可能なニッポン」の実現を目指します。

JIFのミッション

日本のインバウンドは、人口減少・高齢化が加速、次世代リーダーとなる国際人材の不足、訪日客受け入れ環境整備の不足や遅れ、地方のインバウンドへの理解の低さ、一方通行的(ワンウェイ)な誘致戦略、もっぱら補助金・助成金に頼る誘致戦略、まちづくりの長期的視点を持たない等の問題を抱えています。

この問題を解決するために、公武(官民)合体の実現が必要です。国民・地域住民が当事者・主権者であるという自覚を持ち、都道府県・市町村を越えた、民主導による民官連携組織を構築し、地域のインバウンド相談の窓口となり、インバウンドの中長期的な視点に立った戦略を策定及び実行していく必要があります。このような役割を担う組織がJIFです。

JIFの事業内容:4つの事業展開~47都道府県、1718市町村に対応~

①人材育成事業:インバウンドセミナー・研修、サミット・フォーラムの開催。

②インバウンドソリューション事業:ビジネスマッチング提供、インバウンドマーケティングデータ提供、海外マーケティングプロモーション。

③Webマーケティング・プロモーション事業:BtoB(会員)向けサイト、BtoC(訪日外国人)向け多言語サイトの運用。

④官民連携事業:民間企業・公的機構等との連携によるインバウンド事業の推進。提言活動も実施。


問い合わせ先:日本インバウンド連合会設立準備委員会(JIFOC)事務局

(株式会社ジャパンインバウンドソリューションズ内)

Tel: 03-5858-2881  E-mail: info@j-i-s.co.jp 担当:上村・川嶋・山本