thumbnail

【観光立国フォーラム2017レポート】インバウンドは「公共圏」を回復させる

2017年11月17日、日本橋にて弊社が理事を務めます日本インバウンド連合会(JIF)主催の観光立国フォーラムが開催されました。

今回はその内容をご報告いたします。

観光立国の意義は四つがあります。

力強い経済を取り戻すための、成長戦略
観光客流入による地域発展
国際社会における日本の信頼性・地位向上
日本人自身の誇り再認識
具体的には下記の通りです。

①訪日外国人旅行消費額は傾向的に上昇し、2016年は3兆7,476億円と電子部品の輸出額を超える規模となっています。2030年の推計は15兆円となっており、自動車産業の生産額を超え、日本の基幹産業そして日本の観光先進国化が期待されます。

②我が国は現在、少子高齢社会に陥り、東京一極集中もあいまって地域の衰退が深刻化しています。地方に訪日観光客を呼び込むことで、雇用や新規に企業を創出し、地域社会の再生・経済発展が実現できます。

③また、単に経済発展だけでなく、心情面でも日本を理解してくれる方が増えることで日本の国際社会における地位が向上します。

④さらに海外からの評価によって自分たちにやっていることに誇りが生まれます。

観光立国は我が国に良い循環をもたらしてくれるのです。

ただ、公衆無料Wi-Fiの不足や、英語でのコミュニケーションが図りにくいなど、ハード・ソフトの両面で改善点を抱えております。
観光庁は平成28年に「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定。制度面から、日本の観光先進国化をサポートしています。

インバウンドが「公共圏」の復活に寄与する
続いての講演は日本インバウンド連合会(JIF)理事長 中村好明氏。

少子高齢化に直面し、地縁や血縁が失われつつある日本では、公共圏が希薄化し子どもの貧困の連鎖という問題が起こっています。

具体的には、日本の相対的貧困比率は先進国の中ではワースト1位です。
こういった問題の突破口が、インバウンドによる地域振興。

私が定義するインバウンドとは、観光に留まらず日本に集まるヒト・モノ・カネ・情報と広い概念となっています。

日本をより世界へ解放し、これから産まれてくる”22世紀の”世代のために、社会を変革していくことが肝要です。