【報告レポート】川越で講演してまいりました!

先月31日(日)、川越青年会議所にお招きいただき「目標達成への道筋~シビックプライドとインバウンドが切り拓く川越の未来~」と題して、経営セミナーで講演してまいりました。

近年、訪日外国人観光客数が伸びている埼玉県川越市。重要伝統的建造物群保存地区の古い土蔵が並び、江戸情緒が残る町並みなどの観光資産に恵まれています。

東京からも電車で30分~1時間程度で行けるということもあり、注目を集めている街です。

今回のセミナーでは、「目標を達成するためのプロセス・考え方」に加えて、シビックプライドの大切さ、川越のインバウンドの状況についてお話いたしました。

川越をもっと元気な街にしようと熱い想いを持っている経営者の方々などが中心にご参加くださいました。

講演では、現在の川越の課題である「日帰り観光」という部分にも触れました。宿泊があるのとないのでは、消費額が数倍違いますが、川越は現状ほとんどの観光客が日帰りだというところに大きな課題があります。

今までは、東京からいかに観光客の方に来てもらうかが大事だったかもしれませんが、今後東京でさえも人口が減少していく中パラダイムシフトが必要となってきます。

すなわち、車軸(ハブ)である東京から伸びる無数のスポークのうちのただ1つの先になるのではなく、自らが”ハブ”になることが大切なのです。

川越がハブになり、近隣の秩父や飯能などの近隣地域に送客をすることで、川越に宿泊する観光客も多くなるのです。

また、夕方17時ごろになると多くの店が閉まってしまうことや、宿泊施設の少なさ、ナイトタイムエコノミー強化の必要性など具体的な課題を例に、シビックプライド形成が川越市の未来を切り開いていくということをお話しました。

当日運営頂いた青年会議所の皆さまはもちろん、参加者の方がたも、前のめりな姿勢で真剣な眼差しで講演を聞いて頂き、熱量の高さを肌で感じました。
日曜日にも関わらず200名近い方が参加いただくなど、大変活気あるセミナーとなりました!

これからも多くの観光客が訪れる都市として更なる魅力的な街づくりが期待されます。

我々も、川越の益々の発展に引き続き寄与させていただきます!