宮崎トークライブ盛況のうちに開催しました!

11月15日、宮崎トークライブ無事に、盛況のうちに開催することができました!

ご登壇いただきました皆様、ご来場いただきました皆様、ご協力をいただきました皆々様に心から御礼申し上げます。

 

今回のキーワードを以下の通りです。

<キーワード>
・一歩前へ!話を聴く、実践していく。
・地域固有の「文化」に関心を持つこと→シビック・プライド形成、地域住民の当事者意識の醸成
・人、文化、自然、食が宮崎のよさ。それを県民が知り、外の人に共感してもらう。共感してもらうことが大事。
・高千穂 神楽の担い手として若者がUターンで帰ってきている。
・後手から先手のインバウンド誘致戦略への転換
・タビマエプラットフォームとの連携の重要性
・日本客減を補うインバウンドではなく、最初から世界をターゲットにする。
・「ふるさと」の概念に革命を起こす → 関係人口の創出。
・みんな丸ごと関係人口化することでリピーター化を目指す。 等々・・

シンポジウムの翌日には、今回ご登壇いただいたこゆ財団の岡本執行理事にご案内いただき、新富町を視察させていただきました!

 

新富町は、「世界一チャレンジしやすい町」を標榜する新富町には、志の高いチャレンジャーが全国各地から集まってきております。

こゆ財団が町のハブとなり、中村理事長が唱える5モノ(よそモノ、バカモノ、ワカモノ、キレモノ、ホンモノ)が有機的に連携し、スマート農業や古民家再生、地元産品を活用した六次産業化など、次々と新たな事業に取り組んでおられます。

土曜日にも関わらず、事務所には、我々以外にも、取材や視察で来られる方が多数来ておりました。

小嶋町長ともお会いしてきました!

 

次回は、11月24日(日)に、東京五輪のサーフィン競技会場である千葉県一宮町にて、トークショーを開催します!
当日は、サーフィン会場となる海岸の「クリーンアップウォーキング大会」や、

若者に絶大な人気を誇る「渚のファーマーズマーケット」も同時開催されます。
ぜひ、ご参加くださいませ!
https://jif.or.jp/2019/10/29/7422/